Search

検索したいワードを入力してください

樹脂粘土でフィギュアを作る|必要な材料と5つの工程

Small b37b3eac 9f90 4712 84f4 e0ec728cd243メウィ
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年09月03日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年09月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

樹脂粘土でフィギュアを作る|必要な材料と5つの工程

粘土樹脂でフィギュアを自作してみよう

「既成のフィギュアに気に入ったものがない。」「自分のイメージにあったフィギュアが見つからない。」そんな思いをしたことはありませんか。

実はフィギュアは、どこででも手に入る材料で手作りできます。樹脂粘土というアイテムを使えば、あなたの頭の中にあるイメージを、簡単にフィギュアにすることが可能になります。

初心者も低予算で始められる

樹脂粘土は、工作用粘土の一種で、最初は普通の粘土のようにやわらかくて、自由に形を変ええられますが、形が決まったところで乾燥させると、プラスチックのように固くなります。自作のフィギュアをはじめ、アクセサリーを作るのにも使われます。

粘土なので手だけで成形できます。型を取りたければ、紙粘土と同じ型抜きが使えます。粘土ベラや粘土板も同様です。特殊な道具、高価な道具がいらないので、誰でも手軽に始められます。

材料は100円ショップで揃えよう

フィギュア自作に必要なアイテムは、樹脂粘土も含め、ダイソーやセリアなどの100円ショップで簡単に手に入ります。樹脂粘土はどこの100円ショップでも人気商品で、いつでも店頭に並んでいますので「買いに行ったけどなかった。」という心配はほとんどありません。もしなかったとしても、100円ショップでなら、すぐに取り寄せてもらえます。

樹脂粘土

樹脂粘土は、100円ショップの中では、ダイソーが一番種類が豊富です。フィギュアに自分で色を塗りたいなら白一色のものを買うのがいいし、色付きの樹脂粘土を買えば、色を塗る必要がありませんし、色ムラがなく、作品の見栄えもいいです。色の種類も、ダイソーには8種類もあります。

なお、樹脂粘土は乾いて固まると、若干縮みます。作りたい大きさより心持ち多めに買っておきましょう。

土台となるもの

土台は、フィギュアの芯、人間の体でいうなら「骨」の部分のことで、針金を使うと丈夫に仕上がります。針金で土台を作って、その周りに樹脂粘土をくっつけて形を作っていきます。

針金や、針金を切ったり曲げたりするペンチも100円ショップで手に入ります。針金は、アルミ製のものが柔らかくて扱いやすいです。太めのものと一緒に細めのものも用意しておくと、細部の土台を作る時に役に立ちます。

粘土用ヘラ

樹脂粘土だからといって特別な粘土ヘラが必要なわけではありません。子どもが粘土遊びの時に使うような、プラスチック製の粘土ベラがあれば十分です。

100円ショップでも、ヘラの先がいろいろな形になったものがセット販売されています。100円ショップの樹脂粘土と同じ陳列棚に並んでいるはずですから、探してみて下さい。

紙やすり

樹脂粘土が固まったあと、紙やすりで磨くと、フィギュアの表面が滑らかになり、仕上がりがきれいです。100円ショップでも、目の粗いものと細かいものがセットになったものが売っています。使う時は、まず目の粗いものから使い、細かいもので仕上げましょう。

彩色用アクリル絵の具

樹脂粘土製のフィギュアに着色するならば、水彩絵の具ではなくアクリル絵の具を使いましょう。アクリル絵の具は、水彩絵の具と同じように使えますが、一度乾くと色落ちしないので、フィギュアの着色に最適です。100円ショップでも簡単に手に入ります。一色ずつばら売りされていることが多いですが、少量のものが5、6色セットになったものもあります。

粘土樹脂でフィギュア作りにチャレンジ

樹脂粘土フィギュアは、お小遣いの範囲内で、楽に始められるクリエイティブな趣味です。あまり大きなものでなければ、材料は1000円もかからずに揃えられます。「面白そう。」と思ったら始め時です。早速チャレンジしてみましょう。

5つの手順で簡単にできる

材料も簡単に揃えられる樹脂粘土フィギュアですが、作るのも非常に簡単で、次の5つの手順に沿って作っていくだけです。大きさやデザインによっては、小学生でも作ることが可能なので、夏休みなどの自由研究にも最適です。

手順1:土台作り

土台は、針金を使って、作るものの骨組みになるように作りましょう。針金を切ったり曲げたりする時にケガをしないように、特にお子さんが作業をする時は親御さんが必ずついていてあげてください。

土台作りのポイントは、骨組みだからといって大まかにしすぎないことです。大まかすぎると、最初のイメージと仕上がりが違うものになってしまいます。たとえば手の動きや動物の角など、細かい部分は細めの針金を使って作っていきます。