Search

検索したいワードを入力してください

手作りグログランリボンの作り方5ステップ|様々な作り方

Author nopic iconちびたま
カテゴリ:趣味

更新日:2020年08月29日

手作りグログランリボンの作り方5ステップ|様々な作り方

グログランとは

グログランとは、グログレーンとも言われる固く密に織られた平織りの織物です。きめが粗いという意味のgros(粗大な)、 grain(木目)というフランス語から名付けられました。

グログランリボンの特徴

グログランリボンとは、グログラン生地を使ったリボンで、横方向に「うねり」があるのが特徴です。でこぼこした生地はプリントがしづらいため、無地やストライプが多いです。

擦り切れなどにも強い素材なので、帽子の内側や、編物地の裏打ちなどに利用されることもあります。

グログランリボンの作り方5ステップ

グログランリボンを使えば、簡単に自分だけのオリジナルリボンが作れます。リボンの作り方さえ覚えてしまえば作ったリボンは、ヘアアクセサリーや、バックチャーム、ラッピングの飾りなど、アイデア次第でいろいろな使い方ができます。

グログランリボンの作り方を5ステップに分けて見ていきましょう。簡単なので、小さなお子さんと一緒に作ることもできます。

用意するもの

グログランリボンの作り方を見る前に、用意するものをご紹介します。

【必ず必要なもの】
・好きな色や柄のグログランリボン
・両面テープ
・クリップや洗濯ばさみ
・糸(なるべく使うリボンと同じ色を用意しましょう。無い場合は、目立たない色を用意します)
・その他(ヘアゴム、バレッタ、キーチェーンなど作りたいものによって必要なものを準備します)
【あったら便利なもの】
・瞬間接着剤
・グルー
・グルーガン

ステップ1:リボンをカット

必要なものを準備したら、早速リボンの作り方を見ていきましょう。リボンの作り方のステップ1です。

リボンを好きな長さにカットします。リボンを短く切れば小さなリボンが、長く切れば大きなリボンが出来上がります。ヘアアクセサリーに長さは15センチ程度です。これを目安に、自分の好きな長さに調節しましょう。

リボンのほつれが気になる方は、端がほつれないように瞬間接着剤やグルーで処理しましょう。

ステップ2:両面テープを貼る

次はリボンの作り方のステップ2を見ていきましょう。

切ったリボンの端の裏に半分はみ出るように両面テープ貼ります。両面テープがはみ出た部分にもう片方のリボンの端を貼り付けます。これで、リボンの輪っかができます。このときに、両面テープの剥離紙は剥がさないでおきます。

両面テープを貼る部分は、リボンの中心になります。両面テープが長すぎると不恰好なリボンになってしまうので、短めが理想です。

ステップ3:中央でくっ付ける

リボンの作り方のステップ3を見ていきましょう。

ステップ2で作った輪っかの両面テープの剥離紙を剥がし、リボンを半分に折ってリボンの中心に貼り付けます。真ん中に貼り付けないと、左右非対称なリボンになってしまうので、注意が必要です。リボンの作り方の要ともいえる作業です。

ステップ4:折り曲げる

リボンの作り方のステップ4を見ていきましょう。ここまでくると、だいぶリボンの形ができあがってきます。

ステップ3で貼り付けた中心を、折っていきます。まずは半分に内側に折り、次に両端を外側に折り曲げます。横から見たときにM字の形になっていれば正解です。正しく折り曲げられたら、クリップや洗濯ばさみなどで固定しておきます。

ステップ5:真ん中を糸で止める

リボンの作り方のステップ5を見ていきましょう。いよいよ最終ステップ、これでグログランリボンができあがります。

固定していたクリップや洗濯ばさみを取り、糸で真ん中をぐるぐる巻きにして固結びして止めます。

糸でぐるぐる巻きにして止めるのが簡単な方法ですが、さらにしっかり止めたい人は、針を刺して糸で止めた後、さらにぐるぐる巻きにすると安心ですが、グログランリボンは固いため、針を通す際は気をつけてください。

ワンポイントの工夫

紹介した5ステップは、グログランリボンの作り方の基本中の基本です。ワンポイントの工夫をすることで、さらに可愛い自分だけのオリジナルグログランリボンが作れます。グログランリボンがさらに可愛くなるワンポイントの工夫をご紹介します。

真ん中の糸をレースやリボンにする

基本のリボンの作り方では、リボンの中心を糸で止めています。これだけでもリボンにはなりますが、糸が丸見えでは少し不恰好だと思いませんか。糸で固定した上からリボンを巻けば、糸も隠れて可愛くなって一石二鳥です。

違う色のリボンを巻けば、また違った雰囲気になりますし、リボンのかわりにレースを巻けばゴージャスなグログランリボンに早変わりします。

初回公開日:2018年08月29日

記載されている内容は2018年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。