Search

検索したいワードを入力してください

良いリーダーになる為の条件10個|なる為にすべきこと

Small 0ace3d97 bf77 4940 9f76 0bf51bf374actyakosiroko
カテゴリ:ビジネススキル

更新日:2020年09月26日

良いリーダーになる為の条件10個|なる為にすべきこと

リーダーの役割とは

集団で何かを行う時に、「リーダーシップを大切にしよう」や「リーダーを決めよう」といった言葉を聞くことがあります。リーダーとはどのような役割を持っている人を指すのでしょうか。

集団におけるリーダーの役割としては、目標を決めたりして皆をまとめることや何かを目指すために先立ってチームを良い方向に導くといったことがあげられます。今回は、リーダーの役割や条件についてご紹介します。

全体をまとめる

リーダーの役割としては、目標を設定して全体をまとめることがあげられます。集団で行動する時にリーダーがいなければ、個々が別々の目標に向かって行動してしまうので、あまとまって行動することができません。

リーダーは目標を設定して方向性を示すことで、集団をまとめるという重要な役割を持っています。皆が納得する目標を設定しなければ、皆をまとめることはできないので、目標設定も大切です。

チームをいい方向へと導く

リーダーは集団をまとめるという役割を持っていますが、皆を導く時に悪い方向へ導いてしまうと、正しいリーダーにはなれません。正しいリーダーとなるためには、良い方向へ導くという役割を担う必要があります。

チームを良い方向へ導くためには、リーダーが皆の模範になることが望ましいです。リーダーとしての役割を担いたいのであれば、皆の模範になれるような正しい行動を心がけるようにしましょう。

良いリーダーになる為の条件10個

良いリーダーとして皆を導くことは誰にでもできることではありません。リーダーの条件が整っていない人がリーダーをしてしまうと、皆を悪い方向へ導いたり上手くまとまらないなどのトラブルの元となります。

良いリーダーになるための条件としては、さまざまな人に好かれており人望があることや何かのトラブルがあった時に責任を持つことができること、正しい決断をする能力があることがあげられます。

条件1:責任感がある

リーダーは、集団を率いて行動を起こしますが、集団で行動する際にはトラブルが生じることが多いです。そのトラブルの責任を率先して取るような責任感がなければ、リーダーにはなれません。

リーダーの素質がない人であれば、何かのトラブルが起こった時に人に責任を押し付けたり、責任から逃げてしまうということが起こります。自らが原因でないトラブルであっても、しっかり責任を取ることがリーダーとして必要です。

条件2:決断力がある

皆で同じ目標に向かって行動をする前には、いくつか決断をする必要があります。集団の中には、さまざまな考え方をしている人がいるので、リーダーはその考え方の中から1つを決断しなければなりません。

複数の意見から一つの目標を定めるためには、強い決断力が必要となってきます。決断によっては、反対意見を出す人もいますが、反対意見を甘んじて受け入れる覚悟もリーダーに必要な条件です。

条件3:行動力がある

どのようなことでも、考えるより先に行動できるくらいの行動力がリーダーには必要です。もし、行動したことで失敗したとしても、その方法を変えればいいだけです。

行動しなければわからないこともあります。行動しようかどうしようかと考えている時間がもったいないので、優秀なリーダーは、失敗を恐れるよりも先に行動するような行動力を身に付ける必要があります。

条件4:人望がある

リーダーになるためには、皆に尊敬されて慕われるような人望が必要です。人望を得るためには、皆に元気を与えるようにしましょう。

物事が順調に進まないからといって、皆を叱って激昂することがリーダーの仕事ではありません。物事が順調でないからこそ、皆を励ましてやる気をおこさせて人望を得ることが、優秀なリーダーの条件です。

条件5:感謝を口にすることができる

部下に感謝することができることも、リーダーになるための条件としてあげられます。優秀なリーダーは、他のメンバーのおかげで今の状態が成り立っているということがわかっています。

プライドが高い人は、自分よりも目下と感じている人に感謝を口にすることができません。しかし、感謝を口にすることでどんな人でも元気になることができ、やる気を起こさせることができます。

条件6:相手の良い所を褒めることができる

初回公開日:2018年11月15日

記載されている内容は2018年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。